スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝利至上主義とは。。。

昨日、少年団のコーチをやっていたという方と約1時間半長々とお話をさせていただきました。

なんと言うべきでしょうか、、
人それぞれ考え方があるので正解とか不正解はないんでしょうけど、なんだかなーと思わせれましたね。


その方は比較的僕の考えと似ていたので、その方に対しては特にいやいやいやとはならなかったのですが、
周りの関係者の話を聞いている感じだと、やっぱりなーという感じでしたね。


まず第一に結果に拘りすぎなのでは?
と思います。

以前似たような内容でブログを書きましたが、少年サッカーにおいてそれほど結果は大事なんですかね?
たしかに試合に勝つことっていうのは大事かもしれないですし、やっている子ども達も勝負事なら勝ちたいと思うのが当たり前だと思います。

ですが勝つことだけを目的にしてしまったら、その他の大事なものを置き去りにすることになると僕は思っています。

だったら、結果よりも大事なことを重要視して結果はおまけ程度に考えるやり方っていうのが1番なのではないでしょうか?


これはサッカーに限らず、子どもたちの年代において様々なことに言えると思います。



例えばピアノ
発表会でいい賞をとりたいという気持ちが、子ども<大人だったらどういうことが考えられるでしょうか?
当然大人は子どもに対して過度な練習をさせたりプレッシャーをかけると思います。
そうすると、次第に子どもはピアノを自ら弾くのではなく大人に弾かされているになっていってしまいます。
その結果子どもはピアノを好きではなくなり、最悪の場合ピアノをやめてしまうという場合もあるでしょう。

こういうケースはよく耳にすることがあるので、決して23才のそこら辺にいる若僧の思い込みだけではないと思います。


何事も、子どもにとっての1番の上達への近道は好きなことを楽しむです。
子どもに一生懸命指導することは本当にいいことだと思いますが、アプローチの仕方をもう少し考えてほしいな、と。
熱くなることも大事ですけど、冷静さも保っていてほしいな、と。


冒頭にも書きましたが、正解不正解がないだけに難しくも面白いなーと思います。




あ、ポチっもよろしくお願いします。笑

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントありがとうございました!

サッカーボーイの管理人です。
コメントありがとうございました!
これからもブログの更新楽しみにしているので、今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ドーシ。

Author:ドーシ。
サッカー好きの若僧です。
周3で舞茸の天ぷらを食べられる生活が夢です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。